Gergely Kalmar/カルマール・ゲルゲイ

In 1977, he was born in Gyor, Hungary. Both his parents are agriculturalists, his father has a Doctorate in Agriculture. Gergely spent his childhood summer holidays barefoot in the countryside gardens of his grandparents’ farm house, bearing vegetables and fruits such as petit pois, cherries and chassis. He has unforgettable memories of the after-storm fallen cold peaches and the August-ripening sour tasting grapes. During junior high school he got engaged with boating, professional chess and learning French, and before school exams he spent his preparation time with meditating in the nearby grandparents’ garden.

After graduating from high school, he travelled in the United States and the United Kingdom in order to learn English. From 1997 for 3 years he worked with his father in a European cereal trade company specializing in organic spelt wheat. There he became interested to study organic farming academically and in 2001, joined the Biodynamic/Organic Agriculture course at the Emerson College. After completing the training, he read Business Finance at the University of Durham. After finishing his first year placement at a biodynamic research garden located in Switzerland, he returned to the United Kingdom, and by chance borrowed a cookbook written by Albert and Michel Roux. The cover picture showed a small and beautiful hand-cultivated small and garden. Both the picture and the book gave Gergely a sudden inspiration, which encouraged him to carry on studying Sustainable Agriculture through the University of London.

After moving to Sanda, Japan in 2005 he began to feel sorry for the local customers after seeing the low quality and tasteless fruits and vegetables. Sustainable agricultural practices offer on the hand high quality and delicious crops. He decided to grow vegetables and herbs like those professional chefs wished to have from a gourmet garden. In the forested area he began to grow his daugther’s baby food previously managed by his wife’s grandfather. A strong interest in his gardening methods encouraged him so he decided to grow vegetables and herbs for professional chefs who wished to have sustainable produce from a gourmet garden. As climate change began to cause droughts and hot and long summers, he was looking for another farmland after a one-year return from Hungary.

In Hungary, domestic and overseas chefs cooked from a garden of 0.2 hectares at 100 meters from the hotel kitchen in a Relais Chateaux 5 star superior resort hotel near the Croatia border, he was engaged in, such as thermo-heated greenhouse and gourmet Events He spent 3 months looking for the perfect farmland in Chugoku mountain range and finally he landed in Higashi-Awakura village in April of 2012.

Biography
Emerson College, UK biodynamic/Organic Agriculture 4 years practical training in biodynamic farms in the United Kingdom and Switzerland University of Durham, Certificate in Business Finance University of London, MSc in Sustainable Agriculture course (Sustainable Agriculture)


 1977年、ハンガリー・ジュール市生まれ。父は農学博士、母は農学部出身。幼少時代、長い夏休みを過ごしたのは、両親の田舎。サクランボやカシスなどが実る果樹園やペティポア(実エンドウの種類)の菜園を裸足で走り回っていました。キュッと酸っぱい小粒のブドウや、夕立で木から落ちた甘酸っぱい桃を食べた時の感覚を、今でも鮮明に覚えています。
 中学・高校時代は、ボート部に所属しながらチェスとフランス語を趣味とし、試験勉強中は、祖父母の美しいガーデンが癒しの場でした。
 高校卒業後は、アメリカとイギリスで英語を学び、1982年から3年間、父親と共に、ヨーロッパ諸国でハンガリー有機麦(スペルト小麦)の貿易業に従事しました。
 2001年、有機農業を学問として学びたいと考えてイギリスへ渡り、エマソンカレッジでバイオダイナミック農業を3年間、ダラム大学でビジネスファイナンスを1年間学びました。
 自分の進む方向が決まったのは、スイスにあるバイオダイナミック農場での実践実習を終えてイギリスへ戻った時のこと。アルバート・ルーとミッシェル・ルーによる1冊のグルメブックの表紙を飾っていた、小さな美しい手作りのグルメガーデンの写真を見た瞬間、衝撃的なインスピレーションを覚えたのです。それが、ロンドン大学大学院でサスティナブル農業を学ぶきっかけとなりました。
 結婚して、2005年、妻の故郷である兵庫県三田市へ。姿かたちばかりを重視して栽培されたフルーツや野菜が多いのを残念に感じ、自分はサスティナブルで、なおかつ美味しい作物が育つガーデンを実践したいと思いました。
 そして、妻の祖父が管理する山林に畳1枚分ほどの小さなガーデンを持ち、娘の離乳食にビーツを育て始めたのです。最終的な目標として、水と土にこだわった地でグルメガーデンを持ち、プロの料理人に認めてもらえるような作物を育てることを決意し、少しずつ実践していきました。様々なジャンルの素敵な方々が私のガーデンを応援、共感してくださるようになりました。このようなご縁と食・農のつながりをより発展させようと、水と土にこだわって農地を探していたところ、東北大震災が起こり、1年間ハンガリーへ戻りました。
 ハンガリーでは、クロアチア国境近くの五ツ星リゾートホテル内に、0.2ヘクタールの土地でホテルキッチンから100メートル内のグルメガーデンを整備しました。国内外のシェフ達と様々な国からの宿泊客のために料理イベントを企画したり、温泉水を再利用したハウス栽培の設置事業に従事したり。
 その後、再び日本へ戻り、真冬の3カ月間、中国山地を軸に農地を探しまわり、2012年4月、旧東粟倉村に着地。現在、少しずつマイガーデンを整えているところです。

略歴
イギリス、エマソンカレッジ、バイオダイナミック農業コース卒業
イギリス、スイスのバイオダイナミック農場にて4年間従事
イギリス ダラム大学ビジネスファイナンスコース中退
ロンドン大学大学院 持続可能農業コース(Sustainable Agriculture Course)修了

instagramblog

webshop